農業学校、農業法人、大規模農家から普通の農家までどこで研修すればいいの?

研修先にも、いろいろな候補があると思います。農業学校、農業法人、普通の農家などなど。これらの特色について、見ていくことにしましょう。
まずは、農業学校での研修です。


農業学校での研修

学校といっても、農業系の大学や、農業高校のように「学問」を教えるところではなく、実地の農作業を教える学校です。全国の「農業大学校(農業大学ではない)」や、自治体が運営する農業塾などがあります。

全く農業経験の無い人が農家を目指す場合、最も入りやすい研修施設が、各種の農業学校ではないでしょうか。

結論からいえば、農業学校で学べるものは、少ないです。

基本的に、農業技術というのは、他の土地で同じことをしても、通用しないことがあります。栽培作物が違えば通用しないこともあるのも、当然です。

機械操作も、自分が機械を買ってからでも十分間に合いますし、周りの農家に聞けばいくらでも教えてくれます。学校の機械と、自分が買った機械が違う機種ならば、操作方法が全く違うこともあります。

厳しい学校ならば、農家としての生活リズムを叩き込んでくれるかもしれませんが、体験して楽しくなるような学校では、就農に対しての意味は、ほとんどありません。

農業法人や農家と違い、農業学校では、農業で利益をあげる必要はないのですから、どうしても必死さが足りなくなってしまいます。農業学校での農業のペースは、多くの場合、実際の農家の作業ペースよりはずっと遅いものになります。

農業学校の研修での利点を挙げるとすれば、農業学校の「人脈」です。全国各地の農協や農家、または自治体に、「こういう新規就農希望者がいる」ということを、紹介してくれるかもしれません。多くの卒業生が専業農家となっているような農業学校ならば、ネットワークも充実しているでしょうし、より有利な条件で就農できる道が開けるかもしれません。

ただし、高い授業料を払ってまで、学べるものは少ないと思います。個人的には、農業学校での農業研修はおすすめしません。


農業法人・大規模農家での研修

農業法人や、大規模な農家の中には、多数の研修生を募集しているところも、かなりあります。研修というよりも、従業員という形で働く、といったほうが正しいかもしれません。

農業法人や大規模農家で研修を受けるメリットは、同じ土地で、同じ作物を作って、同じ出荷先に出すという形での独立をしたいのであれば、大変役にたつということです。その土地で生かせる、高度な農業技術を学ぶことは、大きな意味があります。

農業法人や、大規模農家の、のれん分けのような形で、将来の独立を目論んでいる人にとっては、数年の研修を受けても、十分割に合うものであると思います。

自分が「将来こうなりたい」と思えるような、農業法人なり、大規模農家がいる場合には、そこで研修を受けるのが一番です。

さらに、自分の前にも独立した研修生が数人いるような農業法人や大規模農家であるのならば、言うことはありません。

そこで必要と思えるだけの技術を十分学んだ後、同じ土地で独立することは、大変リスクの少ない就農方法であると思います。

ただし、その農業法人なり大規模農家が、信用できる人であるということが、最低限必要な条件になります。できることなら、一つの農業法人を見て、そこに惚れ込んで、いきなり研修生として飛び込むというよりは、複数の農業法人を比較して、一番気に入ったところに行くというほうが、良いと思います。


農家での研修での研修

農家の研修は、農業学校での研修に比べれば、実用的なものになります。教科書的な技術ではない、実際の現場で生かせる技術を学ぶことが出来ます。

農家を選ぶにあたり、自分の性格と合う・合わないは大事ですが、それよりも大事なのが、その農家が、きちんと農業だけで生計を立てているかどうか、ということです。

売上がいくらあっても、利益が出ていないような農家も、数多くいます。利益が出ていない農業をやっている農家で研修を受けても、その技術は、実際には役に立たないかもしれません。
研修先の農家を選ぶにあたっては、できるだけ、利益の出ている農家を選ぶことです。

農家は、農協や農業普及所に相談すれば、紹介してもらえます。
農業法人を選ぶ場合と同じように、自分が将来なりたいような経営をしている農家を選ぶことです。自分がやりたい栽培作物以外の農家で研修を受けても、あまり意味はありません。

自分がやりたい栽培作物をやっている農家が、移住したい地域にはいなかった場合について、一言書いておきます。

まずは、出来れば、そのような事態は避けるべきだと思います。
つまり「その土地において、ある作物を農業レベルで栽培するのは、あなたが最初である」というケースは、出来るだけ避けるべきです。

その土地で栽培されている作物を選ぶか、もしくはどうしても栽培したい作物があるのなら、その作物を栽培している土地に移住するべきです。

ただし、諸般の事情によって、その土地で、誰もやっていない作物を栽培しようと思った場合は「その作物を栽培している、他の土地の農家」で研修を受けるよりも、「その土地で、普通の作物を栽培している農家」で研修を受けるべきです。

「栽培作物」よりも「土地」を優先するべきだということです。

当然、栽培作物が違う農家での研修において、直接役に立つような栽培技術を学ぶことは出来ませんから、農家の生活リズムなり、農業の基本的なことのみを学ぶことになります。

なぜ栽培作物の共通点よりも、土地の共通点のほうを重視するかといえば、農業において最も大切なのは、人とのつながりであるからです。栽培作物に関する技術的なことは、本で学んだりすることも出来ます。しかし、人とのつながり、また、その土地の情報というのは、実際に顔を合わせて話さなければ分からないものです。

栽培作物に関する知識は、後からいくらでも学ぶことは出来ますから、どちらかといえば土地の人とのつながりを持つことに重点を置いたほうが、良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ