農業を始める前に都会で開始資金を貯めよう

現在、都会で仕事を持っている人ならば、いきなり農業に飛び込むよりも、1年くらいは資金を溜める期間と割り切って、都会での仕事を続けたほうが有利だと思います。
田舎に移住してから、都会並の収入を得ようとするのは、至難の業です。

新規就農者が後悔することの一つが「もっと都会にいるうちに、農業に使うための資金を溜めておいたら良かった」ということです。都会で稼ぐのは、田舎で稼ぐよりも簡単です。

都会で仕事を持っているときに100万円溜めるのは、農業を始めてから100万円溜めるよりも、はるかに簡単です。

農業に向けて、気持ちが盛り上がっているかもしれませんが、1年程度は、資金を溜める準備期間と、移住先の調査期間と割り切って、都会で出来るだけの準備はしてから、移住に向けて走り出すことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ