米栽培で生計を立てるのは難しい

農業をやる人ならば、誰でも一度は、米を栽培してみたいという希望を持っているのではないでしょうか。

家族で食べる分くらいの米を栽培するのならばいいですが、米だけの専業農家で生計を立てようとするのは、なかなか難しいことです。

北陸地方や東北地方の米農家は、ほとんどが大規模な設備を構えています。米は機械化が進んだ作物であり、初期投資だけで1000万円近くのお金がかかることもあります。

もっとも、コシヒカリのような通常米ではなく、差別化した米を自分で販売したいというのならば、初期投資も少なくて済みますし、活路はあると思います。米と一口に言っても、いろいろな種類があります。

黒米・赤米・緑米などの古代米、もち米、酒米、インディカ米、ミルキークイーンのような新しい品種の米など。また、完全に有機無農薬栽培や、または自然農法で育てた米を、個人的に販売している農家もあります。

差別化された米ならば、自分で販売して所得を上げることも出来ますが、一般的な稲作において採算を合わせるためには、何十ヘクタールという広大な土地が必要になります。
土地をゼロから用意しなくてはいけない新規就農者が、大規模な土地を必要とする米をはじめるのは、至難の業です。

農業統計では、作物別の時間あたり収入一覧が発表されています。「ナス栽培なら、平均時給1200円」「イチゴ栽培なら平
均時給1500円」というような形です。

その中で、時間あたり収入は、米が最低です。大規模な機械化された米専業農家であれば、作業効率が良く、時給も高くなりますが、小さな棚田で米を作り、採算を合わせることは大変難しいことです。現在、棚田で栽培されている米は、ほとんどは農家の自家消費用であり、棚田米栽培によって農業所得を得ているわけでは、ありません。

大規模な機械化ができない限り、一般的な米栽培で生計を立てることは、難しいことです。

家族が食べる米くらいであれば、初期投資も無しに出来るので、10アール程度の土地を借りてチャレンジしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ