高齢の農家がタダであなたに土地を貸してくれる理由は何?

時々、タダで土地を貸してくれるという話が出てくるかもしれません。なぜタダで土地を貸すかといえば、収入は入ってこなくても、田畑の管理をしてくれるだけで、地主としては有り難いのです。

先祖代々の田畑を貸す側としては、自分が高齢になってしまい、田畑が管理できないから、代わりに管理してもらいたいという思いがあるのです。田畑は、放置しておけば、数年で草木に覆われて、使い物にならなくなります。そういう状態にしないでほしい、という思いが、地主側にはあるのです。

新規就農者は、作物を作るのが下手なのは構いませんが、借りた農地の管理だけは、きちんとやるべきです。きちんと草を刈り、畦道に雑草が生えないようにするというのは、最低限の条件です。

地域によって、管理の仕方は違うと思いますが、周囲の農家に尋ねれば問題ありません。

下手に広い土地を借りてしまうと、管理だけで手が回らなくなるという恐れもあります。畑の作物の作業だけでなく、畑を維持するという仕事もあるのだということを、忘れないでください。

また、農地を借りるのではなく、買いたいと思う方もいるでしょうが、新規就農者が最初から農地を購入することは、避けたほうが賢明です。就農1年目では、農地の良し悪しも分からないまま、良くない土地を買ってしまうケースも多いからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ