個人での直接販売のメリットとデメリット

有機無農薬野菜や、果物に多く見られるのが、個人での販売です。直接、消費者へ宅配したり、小売店へ持ち込んだり、飲食店へ売ったり、ネットで販売したりします。

中間マージンがない分、当然利益は多くなります。しかしデメリットとしては、その分、生産に集中することは出来ません。

栽培したい作物によっては、個人販売を余儀なくされる場合もあります。例えば、その地域でしか消費されていない伝統野菜をつくりたいと思った場合、その野菜の流通経路がないので農協でも扱ってくれません。市場でも扱ってくれません。自分で努力して販売するしか、ないわけです。

自分で販売することを目指す農家であれば、まずは需要を探すことです。売り先のあてが無いまま作物を作っても、まず売れることは、ありません。

すべてを自分で販売する農家であれば、結果の半分以上は、生産力ではなく、販売力にかかっているといっても過言ではないと思います。

個人で売ろうと思うのであれば、「生産力」よりも「販売力」を重視するべきです。「農業者」よりも「商人」に近い感覚かもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ