移住したら収穫期・繁盛期に他の農家の手伝いをしよう

飲み会などの集まり以外でも、積極的に地域の人との関わりを持つべきです。農業をするのなら、もっとも良い方法は、地域の農業者のところへ、1日だけでも手伝いに行くことです。

収穫期などの農繁期には、多くの人を雇っている農家もあります。そういう時期に「勉強がてら手伝わせてください」と頼めば、断る人は、まずいません。

地域に何人かの専業農家がいるのなら、出来るだけ多くの人の現場を見ておくことです。全く関係のないように思われる農家でも、いろいろと参考になる作業はあります。

1人の農家に1週間勉強させてもらいに行くよりも、7人の農家に1日ずつ行ったほうが、ずっと勉強になります。これは、移住したらすぐに実行してほしいことです。地域の農業者に対して、何よりの自己紹介にもなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ