稼げる農家になるために!成功者の真似をしよう

ビジネスの鉄則の一つに「同じことをしたら、同じ結果が出る」というものがあります。

農業も、その例外ではありません。周りの農家と同じような視点で、同じようなペースで作業をし、同じように働き、同じように売っていたら、同じような結果が出るのです。

良い意味でも、悪い意味でも、同じような結果になるのです。

農業は稼げなくて厳しいぞ、と言っている農家と同じようにやっていたら、稼げなくて厳しいと思えるくらいの収入が、入ってくるのです。

ここで、あなたが紙に書いた目標を思い出してください。その目標を達成するためには、どうしたらいいでしょうか。一番簡単なのは、既にその目標を達成した人と、同じようなことをすることです。

もちろん、あなたが耕している畑は、世界で唯一のものですし、他の人と全く同じ農作業をしても、結果は違ってくると思います。ただし、売り先とか、農業に対する考え方だとか、働く時間などを真似することは出来ます。

新規就農者の1年目で大切なことは、出来るだけ多くの農業者や、地域の人と知り合いになることだと書きました。1年間で、100人の人と知り合うことを目標にするべきだ、と書きました。

できれば、自分が目標としたいような農家を見つけて、その人の真似をするべきです。都会にいるうちから、ある農家の著書を読んだり、知り合ったりして、目標となる人がいる場合には、その人のところで研修を受けて、その人の近くで就農するのが、最も良い方法です。

ただ、これの危険なところは、実際の農業経験が無いものにとっては、研修先の良し悪し、すなわち、自分が目標とするべき人の良し悪しが分からないということです。

自分で1年でも農業をやってみて、その上で目標としたいと思う人ならば、あなたの判断は正しいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ