有機無農薬野菜と一般野菜のどちらを育てるのが儲かる?

現在、新規就農者で最も希望が多いのが、有機無農薬野菜の栽培だと思います。

季節に合わせた多種多様な野菜を栽培し、ネット販売や、直接対面販売などで、消費者と顔の見える距離で売ろうという形態です。

どのような農業が理想的かは個々人の考えがあると思いますので、それは自分の信じる道を行けばよいと思いますが、「農業で生計を立てる」という点から有機無農薬農業を判断するのであれば、普通の農業よりも不利だと言わざるを得ません。

「年収」で500万円以上稼いでいる有機無農薬農家というのは、日本で数えるほどしかいないのではないでしょうか。しかも「世帯収入」ではなく、「個人収入」が500万円以上という有機無農薬農家を、私は知りません。

しかし、一般農業でいえば、1000万円以上の収入を得ている農家は、いくらでもいます。決して珍しいことではありません。収入の面だけで見れば、有機無農薬農業は、一般農業よりも、はるかに不利です。

多種多様な農作物をつくるという形態は、一見理想的ですが、生産性を大幅に低下させます。機械化できる作業もほとんどなく、人件費が多くかかります。

また、有機無農薬作物の流通網は、ほとんど整備されていないために、自分で販売する形態が主な方法になります。農協でも、有機無農薬作物を扱っているところは、数えるほどしかありません。

そして、有機無農薬作物の販売価格が一般野菜の数倍であれば採算もとれるでしょうが、せいぜい1.5~2倍というのが、限度だと思います。

有機無農薬農業をどうしてもやりたいのであれば、一つは、既に稼いでいる有機無農薬生産者グループがある土地に移住することです。注意しなければいけないのは「稼いでいる」という点です。稼いでいない有機無農薬生産者グループというのは、日本中にいくらでもあるものです。

有機無農薬で生計を立てている専業農家が複数いる土地で移住すれば、有機無農薬専業農家になれる可能性は、かなり高いと思います。

結論からいえば、有機無農薬農業をしたいのであれば、個人収入の上限は300万円くらいだと思ってください。

就農して数年たち、技術が安定し、顧客も安定し、毎日毎日働いて、年収300万円くらいというのが、可能な上限だと思います。有力な有機無農薬野菜の生産グループに入れた場合には、もっと収入も上がるでしょうが、個人でやるのであれば、このくらいが限界値だと思われます。

もちろん、年収300万円あれば、田舎でぜいたくせずに暮らすことは出来ます。そういう生活をしている農家も、現実に多数存在しています。

信念がある上で有機無農薬栽培を始めるのであれば構いませんが、「儲かりそうだ」という理由で有機無農薬栽培を始めるのは、失敗のもととなると思います。

有機無農薬以外にも付加価値があるのであれば、より販売も有利になるでしょう。「日本で唯一の、有機無農薬アーティチョーク」であるとか、他のセールスポイントと組み合わせることを考えたほうが、よりよい結果につながります。

今の時代、普通の「有機無農薬野菜」というだけでは、差別化は出来ず、多くの類似商品の中で埋もれてしまいます。有機無農薬栽培をやるという「思想」を売りにするとか、珍しい野菜を栽培するとか、何かしら他のセールスポイントを持たないことには、販売面での苦戦が予想されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ