新規就農者はどのようにして資金を借りることができるか?また注意するべきこと

具体的に就農を考えている人ならば、いろいろと農業関係の資金援助があることに気付くと思います。

農業者は、就農支援資金、農業改良資金、農業近代化資金など、いろいろな資金を借りることができます。

これらの資金を借りるための窓口は、地域の農協である場合が多いです。注意しなければいけないのは、地域の農協によって、借りるための条件は異なっている場合があるということです。

ある農協では、その農協の正組合員の保証人が必要だという場合もあります。地域に知り合いがいない新規就農者が、このような資金を借りることは出来ません。実態は、親戚などが多くいる地元民のためだけの資金です。

このように、地元の人以外は事実上借りるのが不可能であるような資金も、存在しています。

実際に資金を借りようと思っている人は、事前に、地域の農協なり、農業普及所へ、借りられるための条件を問い合わせておいたほうが、良いと思います。
もしかしたら、思わぬ条件を提示されて、借りられなくなるということもあります。

移住してから、借りるはずの資金が借りられないということになれば、取り返しのつかないことになってしまいます。

また、新規就農者支援資金などもいろいろありますが、多くの場合は「研修期間1年以上」を受けた人だけが対象になるなどの条件があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ